糖尿病は食事から見直しましょう|コレで万全です

介護

美容にも適した治療法

お年寄り

糖尿病の改善のためには、毎日の食事を意識する事が大事です。カロリーを抑えるためには、キノコなど低カロリーのものがおすすめです。糖分を控えたお菓子なども利用されています。肥満症状のために、治療と減量を行う事で美容にも効果があります。栄養バランスの良い食事は肌を綺麗にし、身体機能を高めるのが利点です。

宅配を利用する場合

食事

糖尿病の患者さん用の食事はカロリーなどを細かく考えないといけないので、かなり大変です。でも、管理栄養士が監修した宅配食を利用することでわずらわしさが解消されます。宅配サービスのシステムは色々あるので、合ったものを利用しましょう。

これだけは気を付けよう

病食

麺類や粉モノは避ける

糖尿病の方の食事で気を付けるべきポイントは「糖質」です。血液中に糖が溢れ返った状態が糖尿病なので、糖質の摂取はなるべく控える必要がありますが、糖は身体にとって重要なエネルギー源でもあるため、全く摂取しないというわけにはいきません。そこでまず気を付けたいのが麺類や粉モノのみの食事は避けるということです。麺類や粉モノの主原料は小麦粉であり、即ち炭水化物です。炭水化物は糖質なので、これだけを摂取してしまうと血液中のブドウ糖の濃度が一気に跳ね上がってしまうので、非常に危険です。よって、食事は麺類や粉モノだけというメニューは避け、肉や魚、野菜などのバランスが整ったものを毎食きちんと摂るようにしましょう。

順番に気を付ける

糖尿病の方の食事で次に気を付けたいポイントは「順番」です。前述した通り、体内にいきなり糖質だけを取り入れるのは急激な血糖値の上昇に繋がるため、避けましょう。基本的にはサラダなどの野菜を最初に食べ、肉や魚などのタンパク質を食べた後、最後に主食であるご飯やパンを食べるようにしましょう。これに似たようなダイエットが「低インスリンダイエット」などという名目で流行っていますので、気になる方はこちらも調べてみて下さい。また、自炊が困難な方は糖尿病の方専用の食事を宅配してくれるサービスや、インスタント食品なども販売されていますので、こういったものを上手に利用していきましょう。また、病院に入院して食事の指導を受けることも可能な場合もありますので、担当医などに質問してみて下さい。

難しいことはできない

男女

糖尿病の食事療法は健康な方がしてもより健康を維持でます。よって糖尿病でなくても家族ぐるみで行うことができます。食後の運動は急激な血糖値を抑えます。胃が弱い方や薬をいっぱい飲む方は食後少し休み、ある程度消化させることも必要です。